研究集会の概要

第60回全国証券問題研究会・東京大会

当研究会ではこれまで複数回にわたり司法研究報告書(デリバティブの仕組み及び関係訴訟の諸問題)の分析、検討を進めてきましたが、今回は同報告書の協力研究員である神作裕之東京大学大学院教授に御登壇いただき「デリバティブ関係訴訟の主な法律問題」と題する基調講演をしていただきます。

また、過当取引を争点とする証券事件は全国で後を絶ちませんが、今回はこれまで過当取引問題を解決されてきた弁護士の方々に御登壇いただき、過当取引事案の実践的な事件処理についてパネルディスカッションを行います。

その他、入門講座、和解報告等充実した内容となっており、神作教授には質疑応答の時間も十分に頂いておりますので、ぜひ多数の会員の皆様方にご出席いただきますようお願い申し上げます。

日時

2019年9月14日(土)

場所

14日(10時30分〜)研究会「一般財団法人主婦会館プラザエフ 7F カトレア」
東京都千代田区六番町15 tel 03-3265-8111http://plaza-f.or.jp

14日(18時15分〜)懇親会「一般財団法人主婦会館プラザエフ 8F スイセン」

参加資格

本研究会の参加資格は、原則として、個人投資家側で証券取引被害事件,金融商品取引被害事件を担当する弁護士であり、①直近過去4大会のいずれかに出席している方、②本研究会地区幹事を含む研究会参加資格を有する2名の推薦を受けた方等に限定させて頂いております。

主な内容

14日(土)
午前10時30分
○ 入門講座今井孝直弁護士(大阪)
(正午から午後1時まで休憩)
(午後0時40分〜 幹事会)
午後1時00分
○ 基調報告大迫惠美子代表(東京)
午後1時15分
○ 基調講演「デリバティブ関係訴訟の主な法律問題」神作裕之教授(東京大学大学院法学政治学研究科)
(休憩 約10分)
午後3時30分
○ パネルディスカッション「過当取引事案の事件処理について」桜井健夫弁護士(東京/コーディネーター)
正木健司弁護士(愛知/パネラー)
志水芙美代弁護士(東京/パネラー)
安田孝弘弁護士(姫路/パネラー)
午後5時30分
○ 和解・判例報告等小森義徳弁護士(愛知)
午後5時50分
○ 議事(次回開催地等)
午後6時00分
○ 研究会終了
午後6時15分
○ 懇親会(於:主婦会館プラザエフ 8F スイセン)
pageTop