研究集会の概要

第63回全国証券問題研究会・WEB大会

前回大会は、新型コロナウイルス問題の影響を受け、先物取引被害全国研究会との合同開催をWEB上で行いました。令和2年12月現在も、新型コロナウイルスの勢いは衰えていないため、感染予防の見地から、今大会も引き続きWEB大会として開催させて頂くことになりました。いつも以上に多くの方々にご参加いただけるものと期待しております。

午前中のプログラムは東京の飯田修弁護士による証券事件の入門講座を予定しております。午後は、複雑な金融商品の規制をテーマにした御講演(東京大学大学院加藤貴仁教授)と行動経済学と証券規制をテーマにした御講演(筑波大学木村真生子教授)をそれぞれ予定しております。また、エフオーアイ粉飾決算に関する最判令和2年12月22日について、被害弁護団代表の塚田裕二弁護士から報告をしていただく等、判例・和解報告も予定しております。是非、ご参加ください。

日時

2021年2月20日(土)

開催方法

ZOOMウェビナーを利用してウェブ会議の方法で開催します

参加資格

本研究会の参加資格は、原則として、個人投資家側で証券取引被害事件,金融商品取引被害事件を担当する弁護士であり、①直近過去4大会のいずれかに出席している方、②本研究会地区幹事を含む研究会参加資格を有する2名の推薦を受けた方等に限定させて頂いております。

問合先

《事務局長》弁護士 太田賢志(ota@aoi-law.com
〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園 1-3 市政会館地階
あおい法律事務所 TEL 03-3501-3600 / FAX 03-3501-3601

主な内容

午前10時30分
入門講座飯田修弁護士(東京)
(休憩 正午~午後1時)
午後1時00分
基調報告大迫惠美子代表(東京)
午後1時10分
講演 「複雑な金融商品の規制」(仮題)加藤貴仁教授(東京大学大学院)
(休憩 約10分)
午後3時00分
講演 「行動経済学と証券規制」(仮題)木村真生子教授(筑波大学)
(休憩 約10分)
午後4時50分
《判例・和解報告》
東京地方裁判所令和2年12月8日和解太田賢志弁護士(東京)
金沢地方裁判所令和2年11月6日判決渡辺数磨弁護士(金沢)
大阪高等裁判所令和2年12月23日和解片岡利雄弁護士(大阪)
最高裁判所第三小法廷令和2年12月22日判決(みずほ証券)塚田裕二弁護士(東京/エフオーアイ被害株主弁護団)
午後6時15分
研究会終了
pageTop